看護師 復職 クリニック

クリニックへ看護師が復職する際の注意点について

クリニックは入院設備がないところがほとんどであり、経営者と数人のスタッフによって構成されている場合がほとんどです。そのため、経営者やスタッフの個性によってクリニックの特徴は大きく変わってくることになります。そのため、自分がその雰囲気に合うかどうかは非常に大事なところです。合わない場合には、異動がないため我慢して働くかやめるかということになります。しかも看護師としてブランクがある状態で復職するという場合には注意が必要です。もともと看護師は少ないので、クリニックからすれば雇う人には即戦力を期待しているはずです。場合によってはやめることが決まっている人がおり、その人の代わりを求めている場合もあります。そのため、復職だからといって何でも他のスタッフに任せるということは難しいでしょう。即戦力として活躍できるような心構えで看護師として復職しなければなりません。また多くの職場は午前と午後に別れています。午後の勤務を行う場合には残業について詳しく調べておきましょう。