看護師 復職 辛い

看護師として復職した際に辛いと感じる要因は自身の内側にあり

出産や様々なご自身の都合により、看護師の現場から離れざるを得ない方は一定数存在します。また、看護師として復職をするための準備が整い、第一線で働かれることを決意される人も少なくありません。復職に成功してから辛いと感じてしまう場合には、その要因がご自身の内側にあるのかもしれません。仮に、看護師として復職をした際に配属された現場で上司や先輩から叱咤激励の洗礼を受けたとします。ブランクがあり新たな業務を覚えることで精一杯の状況で叱責を受ければ、どんな看護師でも辛いと感じるでしょう。しかし、こうした叱咤激励の中にはブランクを乗り越えて看護師として舞い戻ってこられた人物に、一日でも早く成長して欲しいと願ってのことです。叱責をされたという事実ばかりに意識が向きがちになることで、辛いという感情が芽生えるわけです。ご自身の心の持ちようによって、新天地で感じる辛さは限りなくゼロに近くなります。ブランクがあることを自覚し、伸び伸びと業務に取り組んでみましょう。