看護師 復職 うつ

うつでの休職から復職する際の看護師のサポートの必要性

うつで休職した方で、症状が重い場合は病院に入院する必要がある場合があります。その理由は様々ですが、一人暮らしの方の場合は日常生活を送ることすらままならない場合もあるからです。また、自殺を図る方も多くいるため、親の希望などで入院を勧める場合もあります。入院して、看護師の監視のもとであれば自殺を図ることが難しくなるわけです。復職に至るまでにまず必要なのは休養です。入院して休養する場合は看護師のサポートが重要になってきます。うつになりたてだと悩みや不安を多く抱えており、何もする意欲がない状態で復職までの道のりは遠いです。ですが悩みや不安は、病院では身近な存在である看護師と密接にコミュニケーションをとったりすることで、軽減することがよくあります。何もする意欲がない状態は、投薬もしくは時が経つことで次第に意欲が湧いてきて、次第に復職する意欲も湧いてくるものです。うつは体調に波のある病気ですが、ずっと悪いわけではないので前向きに病気と向き合う必要があります。